通信制高校から大学へ進んだ体験談

困難な問題を抱えているからこそ

しかし、私はただ勉強ができればよく、その後のことは考えないようにしました。例え就職ができなかったとしても、知識を身につけておくことでその後の人生に役に立つだろうと思いました。むしろ、困難な問題を抱えているからこそ、知識を身につけなければいけないとも考えていました。 塾や予備校には通いませんでしたが、通信制講座は受けていました。独学で受験勉強をしていると、なにかミスがあったとしても気がつかないので、第三者にみてもらうということは大切です。 努力のかいがあって、私は地方の国立大学に進学することができました。そこの学校では、発達障がい者へのサポートの制度もあったので、私はサポートを受けながらなんとか卒業を目指しています。単位の取得は順調とは言えませんが、1年くらいは留年してもいいという気持ちでがんばって通っています。

====はじめ====


もどる